たべものだより(1月号)

新しい年を迎えて

今年も、健康で、美味しく食べられる、楽しい1年でありますように!
日本のお正月は、鏡餅をお供えし、お雑煮やおせち料理を食べます。年末年始に崩れた食生活や生活リズムを見直しましょう!これからは寒さが厳しい時期になります。朝食をしっかり食べて体を温めてから登園しましょう。

お買い物に行こう!~七草~

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

1月7日の前日ごろになると、春の七草としてセットで売られているのをみかけます。七草を並べて、どれがどの草か当てるのも楽しいですね。
7日の朝、七草かゆを食べると1年健康で過ごせると言われています。
7種の若菜の生命力と栄養をいただき、ごちそうで疲れた胃腸を休めます。
七草そろわなくても、小松菜やかぶや大根の葉で代用してもよろしいでしょう。

今日は何の日

1月11日 鏡開き
お正月にお供えした鏡餅を、雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願います。
今では真空パックになっている鏡もちもありますが、刃物で切るのは切腹を想像させることから、小さく分けるときに木槌や手で割ったといわれます。
お供えした鏡餅はこの日に、おいしくいただきましょう。

1月15日 小正月
この日が正月の終わりとも言われ、朝小豆粥を食べる風習があります。
赤い色には邪気を払う力があると考えられ、家族の健康を願い小豆粥を食べます。
小豆はビタミンB群を多く含み、疲労回復や風邪の予防にも有効です。

子育て応援情報

「HUGHUGえびな」をシェアしよう
  • つぶやく