幼児教育・保育の無償化(非課税世帯の方向けのご案内)

このページでは、非課税世帯の方向けのご案内をいたします。その他の方は、対象施設別のページをご覧ください。

〇非課税世帯とは?
対象の児童と同居している家族全員について、市町村民税が非課税となっている世帯です。
住民登録上、世帯が別であっても、実際に同居されているかどうかで判定します。
二世帯住宅の場合は、玄関が別など、外観から明らかな場合のみ対象となります。

〇認可保育所をご利用の方
海老名市にお住まいの場合、非課税世帯の方については、年齢にかかわらず、認可保育所・認定こども園(保育所部分)・小規模保育施設の保育料は国に先行してすでに無償化されています。特に手続きは不要です。
なお、次の料金は従来通り必要ですので、ご了承ください。

【料金が発生する部分】
・主食給食費(3歳以上児のみ)
・延長保育料
・実費負担分(教材費、遠足代、送迎バス代、園服代など)など

〇幼稚園をご利用の方
所得にかかわらず、幼稚園の基本の保育料が基本の保育料が月額25,700円まで補助の対象となります。
このほか、非課税世帯の方にあっては、年齢にかかわらず、保育が必要な方に限り、預かり保育料についても日額450円まで補助の対象(ただし、上限11,300円、満3歳児クラスは上限16,300円)となります。保育料が全額無償となるものではございませんのでご注意ください。
上限額を超える分はご負担いただくこととなりますので、現在の保育料から25,700円分まで補助が受けられる(預かり保育がないとき)ものとお考えください。

〇認可外保育施設・保育所の一時預かりなどをご利用の方

【対象施設】
幼稚園・認定こども園・認可保育所以外の施設では、以下の施設が対象となります。
・都道府県に届出済みの認可外保育施設(会社の託児所なども含みます。)
・都道府県に届出済みのベビーシッター
・ファミリー・サポート・センター
・認可保育所などでの一時預かり
・病児・病後児保育事業

※ 海老名市が実施する病後児保育事業(いちごルーム)は、すでに無料でご利用になれますので、手続きは不要です。

【対象となる方】
無償化の対象となる方は、非課税世帯に限り、年齢制限がありません。ただし、保育が必要な方に限られます。

【補助のしかた】
補助は、認定を受けた方に対し、実績に基づいて市から払い戻す形でお支払いします。必要な書類は、認定を受けた方にお知らせします。4~5月のお支払いとなる予定です。施設に対しては、通常通り料金をお支払いください。

【その他】
必要な手続き及び「保育が必要な方」の詳細については、市ホームページ「幼児教育・保育の無償化(認可外保育園・一時預かりなど)」をご覧ください。

幼児教育・保育の無償化(非課税世帯の方向けのご案内)

子育て応援情報

「HUGHUGえびな」をシェアしよう
  • つぶやく